ホーム »

漫画家のチャリティーオークション

あの大震災からはや1年か経過していますが、まだまだ仮設住宅等で生活をしている人々も多く、その爪あとは甚大です。
東京電力により賠償金の問題もまだ解決していないなか、以前のような生活を取り戻そう!と考える人は少ないのかもしれませんね。
しかし、いつまでの震災ムードでいくわけにはいきません。

人間の前向きな気持ちが復興のためには最も重要なことですから。


そういう意味では芸能人や有名人のチャリティー活動は、多くの人々に元気を与えることができるような気がします。
先日ファンである「嘘喰い」の作者さんがチャリティーオークションを開催していました、ヤフオクで。

嘘喰いって漫画には「立会人」というギャンブルに立ち会う第三者的な存在がおり、その人数は100人。
一號、弐號といったように人の数を数えるのですが、それぞれの立会人が刺繍入りのハンカチを常に持っています。


そこで、嘘喰いの中でも人気の立会人のハンカチ&イラストが書かれた色紙がチャリティーオークションとして出品されたわけです!

ヤングジャンプで連載中の漫画ですが、かなりファンは多いはず。。
世の中にはお金が余っている人もいるでしょうから、相当な額になるかと予想はしていましたが、やはり高値がつきました。

ハンカチと色紙だけねのにトータルで200万円近くいったんじゃないかな?
10商品くらいで。

ファンのコレクター魂を刺激するアイテムだったので、チャリティーオークションとしては大成功でしょうね。
でもチャリティーだけじゃなくて、普通にグッズとして販売してほしいな~